アラフォーOLパートナーエージェント婚活!からの〜不妊治療!

アラフォーで婚活始め、PAにおせわになって結婚したOLです。しかし、婚活が終わったら妊活が待っていた・・・。

不妊治療CL卒業

おはようございます。コロリです。

 

7月とは思えない涼しさが続いて暑がりの私は毎日快適。

でも出窓で育ててるミニトマトの生育が悪いよ(´口`)↓︎↓︎

 

さて、その後も私のお腹の中ではスクスクと命が育ってくれており、先日不妊治療のクリニックを卒業できた。

こういう未来を望みながらも遠すぎて想像できなかったわけで、いまだにどこか夢うつつというか、ぼんやりした印象なのだ。

世間一般でイメージするつわりの症状(気持ち悪い、匂いがダメ、特定のものだけしか食べられない等)は全くなく、

・ただただひたすら眠い

・お腹は減るが何が食べたいとかがない(でもなんでも食べられる)ので料理意欲がゼロ

・立ちくらみがひどい(最近落ち着いた)

・便秘とげりぴの狭間で揺れている

・異常に疲れやすく、その事に精神的ショックを受ける

・無気力気味

と言った症状が日常的にあるくらい。

 

妊婦健診で尿検や血液検査をするのだが、すこぶる健康体でなんの問題もなし。

立ちくらみが一時期ひどかったが貧血の症状もなしとの事。

ビタミンDが素晴らしい値です、と褒められた。

サプリのおかげやで(^∇^)

 

今は葉酸ビタミンD、Eのみ摂取。

コエンザイムQ10やLカルニチンはお休み。

筋トレはやって良いかわからず移植後お休みしていたが、先生から「やってはいけないと言ってないでしょ」と説教される羽目に(´ºωº`)

出産には筋肉必要!筋トレはやってよし!との事であった。

うむ。再開します。さーせん_(:3 」∠)_

 

もうすぐ流産率がガクッと下がる時期の壁を越えようとしている。

産むまで安心はできないけれど、そこを超えられたら少し安心できるかなとも思う。

今はまだ「ダメなこともあるんだ」という不安感がまさっているので。

もう無事に埋めるまでこの不安感は消せないのかもしれないけど、まぁのんびり毎日を過ごせるように努めたい。

 

体調がいいため通常通り仕事をしている。

このままなら1月前まで働けてしまいそうだが職場と相談。

あわよくば仕事復帰したい旨も相談しよう。

家からは遠いけど、自分の能力を買ってもらえる現場だから戻れたらラッキーだな。

と、まぁ産んだ後のたらればも色々思いを馳せたりしている。

 

実家には伝えたが、義母は遠方のためまだ伝えていない。

夏に帰省するのでその時に伝えようと思っている。

旦那は長男だけど、お義母さんは子供については何も言わず、元気な顔見せに来てくれたら嬉しいといつも言ってくれる。

ありがたいと思いつつ、申し訳ない気持ちもあって、今回良い知らせを持って帰れるのがとても嬉しい。

どうか無事に出産まで辿り着けますように!

 

 

 

 

移植その後

先月4ABの5日目胚盤胞を移植。

その後陽性判定をいただくことができ、初めて妊娠検査薬の窓に線が入っているのを見た。

それまで2度ほど生理が遅れた際にフライングし、目を凝らしても何も見えないほど真っ白な窓しか見たことなかった。

 

そこからは毎日黄体ホルモンを補充するテープと膣座薬を使う日々。

特にお腹が痛いとか出血があるとか不安要素はなく、今まで通り会社に行く毎日を過ごした。

私にできることはただ待つだけ。

 

移植からほぼ1ヶ月後の内診で心拍確認することができた。

これまでも、卵がとれるか?取れても胚盤胞になるか?胚盤胞になってもグレードは?移植しても陽性?陽性もらえても継続できる?ずっと絶え間無く次々やってくる不安。

そしてなによりも自分の年齢や治療での妊娠の流産率の高さが、私の気持ちをジワジワ侵食していたので、心拍確認で初めて「妊娠したんだなぁ」と感じた。

もちろん、この先も不安は尽きないし、でも今まで通り一歩一歩進んでいくしかないので不安がるのはやめようと思う。やめられるかなw

 

ありがたいことにつわりも特になく、仕事に影響は出ていない。

ただ、疲れやすい、立ちくらみ、異常な眠気等の症状は出てきているので体調管理に気をつけたいところ。

家事は手抜きしまくりで、旦那さんには負担をかけるが頑張ってもらうということで。

初の移植

こんばんは。コロリです。

暑いね。

もう夏だよ。夏は嫌いだよ・・・。

 

さて、長い長いGWが終わった1週間後、初めての移植をした。

5日目胚盤胞4AB。

2個戻しは悪い卵に足を引っ張られる可能性もあるのでオススメしないと言われ、

大人しく1つだけ戻すことになった。

凍結した卵は周囲の膜が硬くなるため、アシステッドハッチングと言って

針で膜の一部を切り取って中身が出てくるのを助ける処置をする。

 

人によっては移植の時にすごく痛いひとがいるようで、その話も聞いていたので不安になり休みをとった。

まぁ、どちらにしろ移植の時間が昼のど真ん中すぎて出社はきつかったから結果オーライ。

 2時間前からおしっこ貯めろと言われるんだけど、意識的に貯めるなんてないもんで緊張。

水分も気持ち多めにねといわれ、我慢するけど飲めと?

水ゴクゴク飲んどいたけど、家出る前にすでにトイレに行きたいなーとうっすら思っていた。

移植は通常の患者さんがいない時間に行ってもらえるんだけど、

私の他にも何人か移植をするらしき患者さんがいて、心の中で「同士よ・・・!」とか勝手に思ってた。

この頃にはまあまあトイレ行きたくて、でも予想以上に待たされたからまだかよ?!って少しイライラしたw

 

移植は処置室に入ってから融解した卵が入っているシャーシを見せられて、名前や番号が正しいか確認させられる。

CLによっては、移植の様子をモニタで見せてくれて、キラキラしてた!とか感動的な様子を

綴っている人たちもいたりするのだが、我がCLはモニタ見られず。

カチャカチャ器具が当たる音と、今移植されました〜というあまり意味のない看護師さんの実況のみが聞こえる。

ちなみに不安だった痛みはなく、無になって天井を見上げていたら終わっていた。

念のためなのか、數十分安静にさせられるのだが、はやくトイレに行かせて欲しいという気持ちだけが頭を渦巻いていたよ。

結局色々タイミング逃してお会計まで行けなかった人←

 

そんな感じで、移植はトイレ行きたいということ以外は特筆することもなく静かに始まりそして終わった。

天気が良かったのでプラプラ散歩して1駅歩いて帰り、

家に帰ってからはアマプラで海外ドラマを見てゴロゴロした。

アラフォーの体外受精の妊娠率は決して高くないのは分かっているが

これでケリをつけてしまいたいという気持ちが強い。

また採卵から頑張るのキツイ。

だって何回採れば移植できるかわからないんだもん。

クジ運はかなりいい方だから、この卵が当たりなんだと信じることにする。

 

 

5日目胚盤胞

すっかり春ですね。花粉はスギからヒノキに。

こんばんは。コロリです。

 

先日の採卵で予想を下回る2個、挙句に1個しか残らず、自分に失望したり、私のせいじゃねーよ!みたいな変なイライラを抱えつつ、やけっぱちで臨んだ胚盤胞チャレンジ。

私のたった一個の卵はまさかの5日目胚盤胞4ABに成長した。

これは、1回目で1個しか取れなかったのになんとか6日目胚盤胞になったモノよりいい成績。

あのこは本来5日目で胚盤胞になるところ、時間がかかってしまった卵だった。

今回は5日目で胚盤胞になった上に、グレードも上がった。

グレードとは、見た目だけの話と言われつつも、受精卵の成長度合いやランクづけであり、妊娠率に比例する(と言われている)。

1回目で1個凍結したにもかかわらず、移植の話は出ず採卵を続けていたのは、暗にコイツじゃ妊娠できないと言われているようなものだった。

でも大切に凍結している。

 

今回は先生も良かったよと胸をなでおろすグレードだったため移植に進めることになった。

私は3回目の採卵を終えて実質1個しか残らなかった時に、もう移植すら叶わないままに終えるのかもなぁという思いもあった。

なので、今回移植に進めることになって早くもゴールを迎えた気持ち。

それは、妊娠できると思うとかではなく、治療において大きな通過点を越えたという達成感やら安心感やらいろんな気持ちだ。

もうこれが最初で最期の移植になってもいいやと思えてしまうくらいの達成感。

妊娠もしてないのに何言ってんだ?と思う方も多いかもしれない。

でも私にとって胚盤胞チャレンジはそれ位の重さで。

 

先日、帰り道で旦那氏に「最初で最後の移植にしてもいいかなと思っている」とボヤいたら、

「きもちが萎えたのか?」と問われ、「また移植できる卵が取れるまで頑張れるかわからない」と言ったら、

理由はよく分からないが、「40歳の誕生日まで頑張ってみたら?」とな。

正直なところ、私が辞めたいといえば、いいよと言うと思い込んでいたので、あれ?と思った。

でも治療に黙々と励んでくれた旦那氏の意向は無視できないし、

40までと言われたことには何かあるかもなぁと思い、もう最初で最期の移植や!と思っていたけど次の誕生日までは頑張ろうかなーと思っている。

あ、誕生日は秋なので半年延長戦って感じ?

私の決めたゴールは後半戦で、旦那氏の言ったゴールは延長戦。

 

とりあえず、移植したら(妊娠するはずだから)当分旅行ができなくなる(に違いない)ので4月は海外旅行に行ってきます☺︎

卵子の質とは

先日3回目の採卵をした。

2回目の採卵後、培養に失敗し全滅した日から数ヶ月。

サプリを増やし、筋トレをし、自炊もし、仕事でも悩み過ぎないように「まぁ仕方ないか」と呪文のように唱えていた。

ストレスは何よりも大敵であった。

満を持して挑んだ3回目の採卵。

やっぱり痛い。

でも今回は気持ちが構えていたからか心配したより平気だったし、術後の変な落ち込みもほぼなかった。

でも、取れた卵は2個。

たった2個。

その後受精の段階で未熟な卵が除外され1個しか残らなかった。

胚盤胞になるまで何回採卵すれば到達できるだろうか?

いつまでやるのだろうか?

移植すれば満足を得られるのだろうか?

今回の1個が育つだろうと思えるほど楽観的でもない。

 

卵子の質が良くないといつも言われる。

成長が遅い。

空胞が多い。

未熟成卵が多い。

胚盤胞まで育てない。

胚盤胞まで行く力がない卵は初期胚で移植しても育たない。

まぁ現実そうなのだろう。

じゃあどうすれば良いのか。

 

毎日筋トレして、プロテイン飲んで、サプリ飲んで、自炊して、働いて、頑張ってる。

自分で言うのもなんだが、とっても頑張っている。

これ以上何を頑張れば良いのかしっている人がいたら教えてもらいたい。

でもまぁ、良くも悪くも子供授かれないなんて耐えられない、みたいなストイックな気持ちもないもんで、ダメならさっさとそれを知りたいと思っていたりもする。

とにかく、今の沼から脱出したい。

私はやりきった。

もういい、と早く思えるようになりたい。

今はまだ違うから頑張るけども。

私は頑固だしひねくれている。

だからこそここまで頑張れているのだと思う。

こんなギャンブル以下の工程は素直で真面目な気持ちじゃ乗りきれない。

自分が不真面目適当人間で良かったと思える日が来るとは!

 

検査、タイミング、人工授精、体外受精

気づけば2ヶ月経っている。

コロリです。

決して闇落ちしていたわけではなく、日々に忙殺されていただけです。

さてと、クリニックに通い始めてからの話をまとめてどーんと書きます。

 

クリニックに通い始めると、まずはいろんな検査をする。

女性は、生理初期、生理後期、排卵期、黄体期みたいな感じであちこちで採血とか内膜の組織を取られたりする。

男性は血液検査とオタマさんの検査くらいかな。

なんの検査をどこまでやるかはクリニックによって大きく違うし、自身で希望しない限り行われない検査も多数あり。

そして、どれもこれも保険適用外ばかりなので何万円もする。

検査がメインの初期の頃は、タイミング指導のみだった。

タイミング指導とは、その名の通り排卵に合わせてセックスしてくださいねと指導される。

排卵前に病院に通い、そろそろだなとなると何曜と何曜にタイミングとってくださいねといわれ、その後ちゃんと排卵したかを確認するのだ。

正直、自己流とはいえ排卵検査薬を使ってタイミングを1年とってきたわたしとしては、こんなもん時間の無駄だとか思ってた。

2ヶ月は検査の結果待ちが必要だったのでタイミング指導だったが、妊娠には至らず。

 

次のステップは人工授精(AIH)なんだけど、多分みんなはこれが卵子精子を入れるやつ?とか思ってそうだけど違う。

採取したオタマさんを洗浄濃縮して、子宮に直接送り込む事。

タイミングの強化版って感じ。

子宮までは自動的に運ばれるから、タイミングよりは確率上がるかなって程度。

その後受精するのか、着床するのかは卵子精子次第。

費用もAIH自体は2万程度(注射とか含めない)と比較的お安め。

なので、私としてはAIHも無駄かなーなんて考えていたので、一気に体外受精を希望することに。

しかし諸事情で1回AIHをした。

が、妊娠には至らず。

 

体外受精IVF)は体の外で卵子精子をふりかけて受精卵を作ること。

ちなみに、針で卵子精子を注入するのは顕微授精(ICSI)。

私もこのあたりの区別は治療始めてから知った。

この、IVF、ICSIが本当に大変。

お金も、身体も、ココロも、それまでの治療と比べて圧倒的なダメージ。

 

まず、採卵と言って卵巣から卵子を採取する必要がある。

精子は採卵日に準備しておき、ふりかけにするか、顕微にするか決める。

ちなみに、オタマさんの成績が良く、卵子の質も悪くなければふりかけ推奨。

オタマさんの運動率が悪かったり、卵子の膜が固い等、ふりかけが期待できない場合は顕微授精になる。

もちろん費用は顕微授精のほうが高い。

私が通っているCLでは5万程度の差がある。

ちなみに、ふりかけたが受精しなかった場合に救済措置として緊急顕微してくれるCLもある。

 

受精すると培養へ進むが、3日目の初期胚でやめるか、5日目胚盤胞を目指すかの選択を迫られる。

これが本当に悩ましくて、初期胚より胚盤胞の方が移植後の妊娠確率は高い。

しかし胚盤胞が育つ確率が平均3割程度と低い。

培養は培養士のスキルに依存する面もあったりして、CLによっても成績に差があったりする。

たくさん採卵できて、たくさん受精した場合は、いくつか初期胚で凍結して確保。

残りを胚盤胞目指すとかできるのだが、なかなかそう上手くも行かない。

また、仮に培養がうまくいってもグレードが低いと妊娠率も下がるといわれている。

 

ちなみに私はいまこの採卵〜培養でつまづいており、移植まで行けていない。

通院前に「避妊しなけりゃすぐできる」と能天気に思っていた私は、通院してからは愚かにも「治療すりゃさすがにできるっしょ!」と考えていた。

しかし、採卵が一度に1個とか4個とかしか取れないので培養過程でダメになって移植まで進めない状態だ。

採卵1回目で取れた1個は、幸いにも胚盤胞になって凍結されている。

でも5日目ではなく6日目でやっとこさのグレードの低いもの。

2回目の採卵は4つ取れたが、全て培養の過程でダメになった。

この時は治療を開始して初めてココロが折れ、治療をやめようかと1人で泣いた。

採卵だけで20万かかるのだ。

2回で50万程度かけて、仕事に都合をつけ数日おきにCLに通い、注射を打たれ、自己注射をし、採卵で痛い思いをしても成果がない。

これほど辛いものはない。

金を積んでそれをクリアできるならそうしたいぐらい。

若さは金では取り返せない。

私は卵子の質が低いようで、着床しても継続しにくかったりするようだ。

(ようだ、と言うのは明確にそうだ、と言えないということ。不妊治療の難しさは明確な原因がわからないことが多く、仮説に基づいて思考錯誤しながらしかできないところだと思う)

担当医からは筋トレを頑張るように指導されたので今は毎日筋トレに励んでいる。

筋トレは卵子の質の向上につながると言うのが私のCLでの説。

食事も気にかけて、なんとか頑張れる範囲で工夫している。

来月3回目の採卵を目指しており、なんとか移植できる段階に進みたいなと思っているところ。

 

何でここまでやるのかな、とか、こんな思いしなくちゃダメなのかな?とか、気持ちが迷子になること多々あり。

でも、旦那さんとの子供が欲しいっていうのはもちろん、結果が出なかったとしても、あとあと後悔しないくらい頑張った!と自分で言えるように納得したいんだと思う。

もっと早く妊娠することの難しさについて知っていれば・・・と思う一方で、旦那さんと出会ったのは最近なわけで私にとっては「今でしょ!」なのだから仕方ないと割り切っている自分もいる。

でもやっぱりどこかで滑り込みセーフで子供を持てることを期待している。

こういうふわふわフラフラした気持ちで日々奮闘しているのだ!

クリニック

コロリです。

クリニックについて書きたいと思います。

 

不妊治療をするクリニックと言っても、産婦人科がメインで不妊治療もやっているところと、不妊治療専門でやっているところがあり、それぞれメリットデメリットがある。

 

産婦人科がメインだと、メリットはかかりつけのお医者さん(に今後できる病院)で治療できる(婦人科系疾患も含めて総合的に面倒見てもらえる)し、治療終わってそのままそこの産婦人科で分娩させてもらえる。

デメリットは妊婦や子供を目にする機会が多い。

持つ者と持たざる者が同じ待合室にいる状態。

長引くとこれは地獄かもしれない。

また、治療の選択肢が少ないことも。

 

不妊治療専門では、メリットはそこにいる人がみんな不妊と戦う同士な気がして頑張れるし、子供連れ禁止、または別待合室がある等、かなり配慮されている。

医者や看護師さんも全員不妊に関するプロという安心感。

デメリットは分娩できる産科を探さなくちゃいけない。

不妊治療の人は受け付けていないという産科もあるらしく、自然妊娠の人より苦労するかも。

あと、治療の弊害になる疾患があった場合に別の産婦人科を受診する必要がある。

 

 

病院によっては通院の日は数時間待ちが当たり前。

なんなら初診の予約すら2.3ヶ月先なんてくらい人気なところも。

私は仕事をしている&待つという行為がそもそも得意じゃないので、完全予約制の病院を中心に検索。

もちろん口コミも漁りまくった。

結果も大事だが、私にとっても何よりも大切なのは精神衛生が健全に保たれる場であること。

予約を取ったのに3時間も待たされるとかムリなのよ。(根性なし)

そんな中、会社に行く途中の駅に不妊専門、完全予約制のクリニックを発見。しかも駅近。

産婦人科から分離したらしく、言うなれば産婦人科&不妊専門クリニックの二大巨塔!

これは心強い。

口コミはまぁ可もなく不可もなく。(情報少なめ)

旦那氏も仕事行くのに困らないようなエリアなのでいいかなーと。

 

考えや基本方針、ライフスタイル、ワークスタイルに合うクリニックを探すことが大切。

今のクリニックはわたし的にかなり良い。

ここで結果が出せるといいんだけど。