読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーOLパートナーエージェント婚活!

長くなるかもしれない婚活の備忘録も兼ねての活動記録です。共感いただけたり、その考え方はどうなの? などありましたら、コメントお願いします。 ただ、打たれ弱いのでお手柔らかに。。。

両親への挨拶 我が家編

婚活

少し前のお話ですが、彼と私の実家に挨拶に行きました。

我が家はもともとオープンでラフな家庭なので歴代の彼も普通に会わせてました。

でも今回ばかりは結婚の挨拶なので、さすがに色々慎重になりましたね。

私は相談所で活動していることも話してましたし、その後そこで出会った彼と結婚しようと思っていることも全て話していました。

なので、彼を連れて行くと私が言った時点で結婚の挨拶になるというのは親も理解しています。

それなのに、「暑いから別にスーツじゃなくてもいいわよ〜」なんて呑気な母に、流石にそうはいかないからスーツで行く、エアコン効かせておいてね!と釘を刺しておきました。

 

彼は普段スーツを着なくても良い仕事なので、スーツもネクタイも必要最小限しかなく、夏用スーツを持っていなかった!!

猛暑の中、冬用スーツで行きました( ̄◇ ̄;)

まぁ、親にはわからんかったと思うw

私は実家に戻るだけとはいえ、合わせてワンピースを着て行きました。

 

ちなみに、アニバーサリークラブで初回の訪問は夕方に2時間程度と教わりますが、我が家にはそんなの通用しません。

せっかくだしご飯食べて行きなさいよ!という母の進言により、実家でランチを共にすることに。

事前に手土産を準備しましたが、ココは無難に日持ちする個包装のお菓子を購入。

特段高いものでもなく、贈答用のお菓子です。
親の好みを私から伝え、最終的に彼が選びました。

 

彼は直前まで挨拶をどのタイミングで言うのか迷っていました。

食べる前?

食べながらの談笑中??

食べた後のティータイム???

自分が何者なのか話してもいないのにいきなり結婚させてくださいってのもなぁ・・・。

でも挨拶を控えてたらご飯なんて喉を通らない・・・(´ºωº`)

とブツブツ悩んでいました。

何だかその姿さえも、私としては幸せな気持ちになっちゃいました。

 

そんなこんなで某日お昼に我が家へ突撃!

まず驚いたのは、母だけではなく父も玄関までお出迎えに来てくれたこと。

いつもは母が出迎えてくれて、父はリビングでこんにちはと挨拶する感じでした。

なので、父の心遣いに玄関開けた瞬間ちょっとウルっときました。(早いw)

その後、簡単に両親の紹介と彼の紹介を済ませ、私はランチ準備のお手伝いのためキッチンに。

対面キッチンなのですぐそばにいますが、食卓は早々に彼と父の一対一にw

すると父から、「お前も座れ。彼が1人でかわいそうだろw」とありがたい一言があったので私もすぐに着席させてもらいました。

 

さすがに彼はかなり緊張していてガッチガチ。

私はできるだけいつものようなトーンで会話するように努めましたが、喋りすぎないようにだけ気をつけました。

ランチ準備がほぼ整ったところで、今度は母に「あなたもとりあえず座りなさいな」と呼びかける父。

そして、おもむろに「今日来てくれた理由はもう聞いている。緊張したままのご飯はツライから、先にメインイベントを済ませてしまおうか」と言ってくれたのです。

「そうしましょ。やだ、お母さんの方が緊張しちゃうわ」と笑う母。

本当にこの2人の娘で良かったと感じた瞬間でした。

ありがたいアシストのおかげで、彼は少し緊張がほぐれて、スムーズに結婚についての話をすることができました。

しっかりした挨拶に私も感動しましたが、両親がとても喜んでくれたので安心しました。

その後はランチして、デザートとお茶して、たくさんの話ができました。

 

私の家に帰宅後すぐに母から、来てくれてありがとう、素敵な彼で安心しました、とメールがきました。

一生懸命自分の言葉で想いを伝えてくれた彼はもちろん、たくさんの気遣いを私達にくれた両親にも本当に感謝しかありません。

彼と両親の愛情をとても感じた1日でした。

 

私も彼の実家にご挨拶行くときは頑張らなくてはー(*´∀︎`*)♪︎